英語4技能教育研究家 | 鶴岡俊樹オフィシャルブログ

英語教師が、英語教育のこと、日々のレッスンのこと、趣味のジャズピアノのことについて書いていきます。

英会話、始めてみたいけど…何から始める?

鶴岡オンライン英語塾
今日から気軽にできる、お薦め英語学習法3つ!

「2ヶ国語以上話す人はボケにくいと聞いたから…」

「東京オリンピックもあることだし…」

「履歴書の資格欄を埋めたい…英語でもやってみようかな」

 

…理由は何だって構いません。

思い立ったが吉日、さっそく、英会話の勉強をスタートしましょう!

 

とはいえ、一体何から始めれば良いか戸惑う人もいるでしょう。

そこで、今回はすぐにでも気軽に試せるお薦め英語学習法を3つご紹介します。

 

1.「オンライン英会話」で外国人と話してみよう

いきなり外国人と話すの!?と思うかもしれませんが、時間をかけてテキストを選んで、1ページ目から読み始めるより、こちらのほうが実はお手軽かもしれません。

 

現在数多くのオンライン英会話が存在し、いずれも無料体験レッスンを提供しています。

会員登録すれば、無料で外国人と話すことができます。

 

キャンセルも簡単なので、深く考えずにまずはレッスン予約してみるのはどうでしょうか?

 

2.「Lang-8」を使ってみよう

いきなり英会話なんて難易度高すぎ!と思う人は、英語を書くことから入るのもひとつの手。

Lang-8は言語学習用のSNSであり、自分が学習している言語で日記を書くと、ネイティブが添削してくれるという面白いサイトです。

 

実際の英会話では会話はどんどん進行していくので、「これをどうやって言おうかなぁ…」なんて考えている暇はありません。

でもLang-8では英語をゆっくり考えて文章化して伝えることができるので、話す以前にまずは英語でアウトプットすることに慣れたい、文法や表現など思い出すところから始めたい、という人にお薦めです。

 

3.「瞬間英作文」を試してみよう

実際に英語を話してみると、

「あなたはたくさん英語の本を持っているの?」

Do you have many English books?

これは割と一瞬で言えますよね。

 

でも、ほぼ同じような構成の文で、

「横浜にはたくさん英語教室があるの?」

を英語で言おうとしたら、ちょっと戸惑いませんか?

 

Does Yokohama have many English schools?

YouではないYokohamaという名詞になった途端、頭が混乱して、言葉が出てこなくなってしまう人もいるかもしれません。

 

そんな人へのお薦めが、瞬間英作文です。

中学1年生レベルの英文を、瞬時に声に出す。

これをひたすら繰り返す学習法です。

日本人は英語の読み書きは比較的得意ですが、同じレベルの英文をすらすらと話せる人はなかなかいないのではないでしょうか。

 

NHKラジオは複数の英会話番組を提供していますが、スティーブ・ソレイシィ先生の『英会話タイムトライアル』は瞬間英作文トレーニングを取り入れています。

毎日放送されており、テキスト無しでも大丈夫なので、興味があれば一度聴いてみてください。

 

今日から始めましょう!

今回ご紹介したのは、すべて私も実践してきた効果のある英語学習法です。

時間もお金もあまりかからず、すぐにでも始められます。

まずは気軽にスタートしてみてはいかがでしょうか?

4技能英語教育研究家、鶴岡俊樹オフィシャルブログ オンライン英会話はおすすめ

オンライン英会話はおすすめ