4技能英語教育研究家 | 鶴岡俊樹オフィシャルブログ

英語教師が、英語教育のこと、日々のレッスンのこと、趣味のジャズピアノのことについて書いていきます。

サッカーも英会話も「メンタル」が重要 – ①とにかく話す、伝える、ビビらない

こんにちは。C.ダイアナEnglish Schoolの姉妹校、ユリシーズ英語・英会話で講師をしている金子です。

f:id:tsuruoka-eigo:20190512205020j:plain

 

海外サッカーへの挑戦

私は小学2年生でサッカーを始め、以来ずっとサッカー漬けの毎日を過ごしてきました。

大学卒業後、社会人のチームに所属していましたが、たまたま元プロ選手と一緒にプレーする機会があり、サッカーに対する考え方や姿勢について大きな刺激を受けました。

その刺激をきっかけに子ども時代からの夢であった「海外でプレーする」ことへの情熱が再び沸き上がり、イギリスに渡りロンドンのチームでサッカーをするに至りました。

 

海外でのプレー経験を通じて、サッカーにおけるメンタルの大切さをより深く学んだのですが、同時にそれは英会話にも当てはまることだと感じました。

それまで英語を話せなかった私は、とにかく気持ちだけは強く持ち、周囲の人々に「伝えよう」とし続けました。

 

この記事では、英会話におけるメンタル面の重要性について、私自身のサッカー留学の経験を交えてお話し致します。

少しでもお役に立てば幸いです。

 

サッカーも英会話も「メンタル」が重要

英語を話す時、皆さんはどんなことが重要だと考えるでしょうか?

文法、語彙、フレーズでしょうか。発音、イントネーション、声量、あるいは表情やジェスチャーでしょうか。

 

私はそれらの全てが重要だと思います。

英会話は色々な要素が複合的に組み合わさって成り立っているので、どれか一つだけやればいい、ということはないと思います。

多角的に英会話の学習に取り組むことが重要です。

 

そんな多様な面を持つ英会話を習得するにあたって、私が重要と考える要素の一つがメンタル面(精神面)です。

メンタルの強さはサッカーでも(あるいはほかのスポーツでも)非常に大切ですが、英会話でも同じだと思います。

 

英語を話す時、どのような精神状態でいると良いかというと、

とにかく話す、伝える、ビビらない

会話が終わったら自分で修正

といった感じになるかと思います。

特に初級者の方はこのようなメンタルで英会話に臨むと良いでしょう。

以下に詳しくお話しします。

 

コミュニケーションを阻害するネガティブな気持

英語を話す時、多くの場合、相手は外国人でしょう。

ここ日本で、日常的に英語や他の言語が飛び交うような場面はなかなかありませんし、外国人と話すということ自体が稀な経験です。

英会話に慣れていないのです。

 

そのような環境下で育った私たちが、外国人と話す状況でまず感じることは、「どうしよう」、「間違ったら恥ずかしい」、「わからない」といった戸惑いや不安、心配など、ネガティブな気持ちです。

そのネガティブな気持がブレーキとなり、何も言えなくなってしまったり、適当に相槌をうったり、その場から逃げ出してしまったりしてコミュニケーションがうまく図れないということもあります。

 

とにかく話す、伝える、ビビらない

そんな時は、とにかく気持ちを強く持つことです。

恐れてはいけません。

英語はコミュニケーションためのツール、単なる手段に過ぎません。

相手の外国人だって自分と同じ人間です。

そして英語は私たちにとって外国語ですから、文が不正確だったり、表現が不自然だったりしても何らおかしいことはありません。

相手の外国人も、こちらが英語を一生懸命話そうとしていれば、耳を傾け理解しようとしてくれるはずです。

 

まずは「間違ってもいいから言ってみよう」という気持ちでどんどん話すことです。

「相手に伝えるんだ」、「失敗を恐れないぞ」という気構えで臆せず臨みましょう。

実際の会話で「これって正しいかな」とか「文法的にはこうしないといけないかな」などと考えていては、スムーズに言葉など出てこないでしょう。

「とにかく話す、伝える、ビビらない」というメンタルを持つことが大切です。

そうすると、少しずつコミュニケーションが取れるようになってきます。

 

英語はコミュニケーションのツール

ロンドンでの経験を通じて、英語はコミュニケーションをするためのツールなのだと強く実感しました。

ツール、つまり道具、単なる「手段」です。

したがって、「相手に意思を伝える」というコミュニケーションの「目的」さえ達せられれば、ツールをどのように使って意思を伝えようが構わないと思います。

極論を言えば、「伝わればOK」なのです。

 

もちろん文法的に正しく話すことができれば、より正確に伝わるし、それに越したことはありません。

しかしまずは形にこだわらず、伝えるということを重視して英語を話すと良いと思います。

メンタル面を変えることで英会話が上達することも大いにあり得ると思います。

 

次回は、サッカーも英会話も「メンタル」が重要その②として、「会話が終わったら自分で修正」についてお話します。

 

①とにかく話す、伝える、ビビらない

②会話が終わったら自分で修正