4技能英語教育研究家 | 鶴岡俊樹オフィシャルブログ

英語教師が、英語教育のこと、日々のレッスンのこと、趣味のジャズピアノのことについて書いていきます。

目的に合わせて効率よく語彙を増やそう!語彙力増強のコツ①

英会話を勉強していると必ずぶつかるのが、「語彙の壁」です。

便利な英会話フレーズは既に知っていても、英文法はほとんどマスターしていても、肝心の語彙が無ければ自分の言いたい事は伝わりにくいですよね。

 

もちろん、電子辞書やスマホの辞書機能、翻訳ソフトなど、自分の頭の代わりを果たしてくれるものに頼ってしまうのも手です。

しかしながら、そういうものに頼らず自分で話せるようになりたいから英会話を勉強するのですよね。

 

そこで今回は、効率よく語彙を増やすためのおすすめ英会話勉強法をご紹介します。

以下のように、目的に合った合理的な計画を立てるアプローチで進めます。

ぜひ参考になさってくださいね。

 

(1)学習目的を決めよう

(2)目的に合った学習ソースを選択しよう

(3)「いつまでにどれだけ」の目標を設定しよう

(4)実際に勉強を始めよう!でもカジュアルに構えましょう

 

(1)学習目的を決めよう

最初にすることは、全てのスタートとなる学習の「目的」を決めることです。

ご自身が一番興味のある、一番達成したいと思える目標を掲げましょう。

これが定まっていないと学習が散漫になり、効率が悪くなってしまいます。

 

例えば、以下の様に語彙を増やす目的を設定しましょう。

 

・海外旅行で使える語彙を増やしたい。

・横浜での海外向けビジネスで使える語彙を増やしたい。

・自分の趣味についての語彙を増やしたい。

・友人を増やせる様、初めて会った人と楽しく会話できる語彙を増やしたい。

 

可能であれば、もっと詳細な目的も設定してみてください。

何が知りたいのか、何がしたいのかというところがよりはっきりします。

 

例えば、以下のようにより具体的に目的を設定してみましょう。

 

・海外旅行で、道に迷った時にも困らないための語彙を増やしたい。

・ビジネスで、お客様とのアイスブレイクに使える語彙を増やしたい。

・趣味の生け花について、知らない人にも伝えられるための語彙を増やしたい。

・友人を増やせる様、日本文化イベントで初めて会った人と楽しく会話できる語彙を増やしたい。

 

(2)目的に合った学習ソースを選択しよう

学習の目的が決まったところで、目的達成のために使う本や単語帳、はたまた新聞など、「学習ソース」を設定しましょう。

やみくもに様々な学習ソースにあたるよりは、ひとつの学習ソースからじっくりと学ぶ方が、気が散らずに長く続けやすくおすすめです。

しかも、続けて同じものに取り組むことによって、自分がどれだけ学んだか確認しやすく、達成感を得やすいのでモチベーションも維持できます。

 

例えば、こんな学習ソースの中からひとつ選ぶ事をおすすめします。

 

・ご自身の学習目的に沿った英会話本・単語帳

・海外の英語ニュースサイト

・英字新聞

 

今回はここまでです。

 

(3)「いつまでにどれだけ」の目標を設定しよう

(4)実際に勉強を始めよう!でもカジュアルに構えましょう

については、次回「目的に合わせて効率よく語彙を増やそう!語彙力増強のコツ②」でご紹介します。

f:id:tsuruoka-eigo:20190504200238j:plain