英語4技能教育研究家 | 鶴岡俊樹オフィシャルブログ

英語教師が、英語教育のこと、日々のレッスンのこと、趣味のジャズピアノのことについて書いていきます。

日本人講師と外国人講師の比較をしてみました(Shiho先生)

鶴岡オンライン英語塾

皆さま、こんにちは。

ユリシーズ英語教育研究所、英会話講師のShihoです。

 

今回は『日本人講師から教わる利点ってなに?』『日本人講師と外国人講師、どちらが良いの?』という疑問について、英語学習者として、また英会話講師として私自身の経験を踏まえて書いてみたいと思います!

 

日本人講師の良さはいろいろありますが、ひとつ選ぶとするなら私は『文法』を第一に挙げたいと思います。

英文法の理解は英会話をする上でとても大切です。

文法を教えることについては外国人講師(ネイティヴ講師)より日本人講師の方が優れていると言えます。

英会話初心者、初級者はまず日本人講師から、英会話に必要な基礎的英文法を学ぶのが上達の近道だと思います。

 

私の英会話力を支えているもの…

英文法が英会話に役立つことについては、『効率的な勉強方法:文法編』の記事で詳しく書きましたが、ここでは私自身のお話を少しさせてください。

 

私は大学時代にイギリスへ留学し、英語漬けの生活を送ったことがあります。

そこでの経験は素晴らしいものでしたし、英語もそれによってだいぶ上達したことは事実です。

 

でも、私の英会話力の根本の支えとなっているものは別にあります。

私が英語を話せるようになるのに必要不可欠だったもの、それは同じ大学時代にESS(English Speaking Society)のスピーチ大会で培った英文法力です

 

帰国子女のようなバイリンガルではない私は、約10年間英会話を勉強してきましたが、今でも英語を話すときはESS時代に蓄えた英文法の知識がとても役立っています。

ですので、生徒さんから『どうやって英会話ができるようになったのですか?』と聞かれると、私はいつも留学経験ではなく『ESSのスピーチ大会で文法力を鍛えたからですよ。』と答えます。

 

私の経験から言えることは、英会話をマスターするには、海外で英語漬けの日々を送るより、まず基礎的英文法を勉強する方が絶対に上達の近道になるということです。

 

日本人講師は文法をうまく教えられる

英会話講師としての経験を通じて、私は次のことに気づきました。

 

日本人講師は英会話初心者、初級者を外国人講師よりも効率的に上達させることができる。

なぜなら、日本人講師は英会話に必要な英文法を、外国人講師より上手に教えることができるから。

 

日本人が母国語である日本語の文法をよく知らないのと同じで、英語ネイティヴは英文法のことをよく理解していません。

したがって、ふつう外国人講師は英文法を教えることを得意としていません。

 

一方、日本人講師は英文法を通じて英語を学んでいるため、英文法をよく理解し、うまく教えることができます。

自身が学んだ経験があるので、どう教えればわかりやすいか理解しているし、学習者がつまずきやすいところ、難しく思うところを心得ていて、そこを注意して教えることもできます。

自分が乗り越えてきた方法を伝え、学習者をうまく上達へと導くことができます。

 

また、学習者が難しいと感じる気持ちに共感し、精神面で励まし支えることもできます。

日本人講師も同じ苦労を味わってきたからです。

 

以上が私の考える文法に関する日本人講師の強みですが、この強みが一番発揮されるのは、英会話学習の初期の段階です。

したがって、英会話初心者、初級者はいきなり外国人講師ではなく、まず日本人講師から教わるのがよいと思います。

 

一方、基本的英文法を理解し英会話に慣れてきたら、徐々に日本人講師から離れて外国人講師と学ぶのがよいと思います。

英会話を学ぶ本来の目的は外国人とのコミュニケーションなので、日本人講師と英会話の土台作りをした後、今度は外国人との実際のコミュニケーションにチャレンジするステージに入っていきます。

学習ステージにしたがって日本人講師と外国人講師を使い分けられれば理想的です。

 

『文法』という強みを活かしてレッスンしています!

私は自分のレッスンでも、以上のような日本人講師の強みを活かして教えることを心がけています。

レッスンではまず文法の解説から入り、次にその文法を実際の英会話で使う練習をします。

文法を解説する時は日本人に理解しづらい点に注意しながらできるだけわかり易く、考え方や理解のコツ、使い方のポイント、似たほかの文法事項との比較や豆知識なども含めてご紹介し、生徒さんがその文法をしっかりと自分のものにし応用できるようにしています。

 

その結果、様々な英会話スクールを体験された方や外国人講師で挫折した方からも『わかりやすい』と言っていただけます。

ある生徒さんから『今まではずっと外国人講師に教わる方がいいと思っていたけれど、日本人講師に教わってみて考えが変わりました。』と言われたときには、自分の考えは間違っていなかったと嬉しく思いました。

 

まとめ

英会話はまず基礎的英文法を理解することが近道。

日本人講師は英文法をわかりやすく教えることができるので、特に初心者、初級の方は日本人講師に教わるのがお勧め。

 

英会話に慣れてきたら、外国人講師と学びましょう。

日本人講師と外国人講師を上達のレベルに応じて使い分けるのが一番です。

f:id:tsuruoka-eigo:20190521012004j:plain