英語4技能教育研究家 | 鶴岡俊樹オフィシャルブログ

英語教師が、英語教育のこと、日々のレッスンのこと、趣味のジャズピアノのことについて書いていきます。

女性必見!「生理」にまつわる英語表現あれこれ

鶴岡オンライン英語塾

こんにちは。戸塚駅から徒歩3分の英会話教室、Hinata英会話スクールでママえいごを担当していますY.Naokoです。

本日のママえいごクラスの様子をお伝えします。

 

今日は、女性特有の英語表現についてご紹介しました。

毎月悩まされている方も多いのではないでしょうか?

そう「生理」についての言い方です。

体調が悪くなったり、イライラしたりすることもありますよね。

 

「生理中です」

まずは、「生理中です」という言い方を見ていきましょう。

「期間、時期」という意味の単語「period」を使います。

日本語では「ピリオド」ですが、英語では「ピアリアドゥ」のように発音します。

月1くらいで周期的に来るものなので、こういう表現になります。

 

I'm on my period.

I’m having my period.

 

「生理」の婉曲表現

日本語でもそうですが、直接「生理」という単語を使いたくない時、もしくは使えない時もありますよね。

そんなときは、「period」を使わずにこんな風にも表現できます。

「生理」の婉曲表現(遠まわし表現)ですね。

 

I'm having girl's day.

(女の子の日なの)

 

It’s that time of the month.

(月一のあれなの)

 

「生理でお腹が痛い」

また、生理痛でお腹が痛いときは、こう言います。

 

I have cramps.

 

crampは「筋肉のけいれん、ひきつり、こむらがえり」を意味しますが、女性の月経痛にも使えます。

この場合は最後に複数形の「s」をつけましょう。

 

「生理が遅れている」

なかなか生理が来なくて遅れているときは、この表現で。

 

My period is five days late.

(生理が5日も遅れている)

 

生理前の不快症状

生理が始まる前におこる、イライラや頭痛などの不快症状。

これは、PMS(premenstrual syndrome:プレメンストラル・シンドローム)「生理前症候群」といいます。

 

I have PMS.

(生理前でイライラする)

 

毎月来るものですから、この際英語で言えるようにしちゃいましょう!

 

それではまた来週。

See you next week!

f:id:tsuruoka-eigo:20190508145345j:plain