英語4技能教育研究家 | 鶴岡俊樹オフィシャルブログ

英語教師が、英語教育のこと、日々のレッスンのこと、趣味のジャズピアノのことについて書いていきます。

単語や言い回しを楽にものにするコツ2つ

鶴岡オンライン英語塾
私や教室の生徒さんも実践している、英単語や英語表現を楽に覚えて使えるようになるコツを2つご紹介します。

皆さま、こんにちは。ユリシーズ英語教育研究所、英会話講師のShihoです。

『単語や熟語、言い回しを覚えるコツを教えてください。』と、生徒さんからよく相談を受けます。

英語の表現力がアップすれば、より豊かで自然な英会話ができるようになります。

ですが、一つずつ吸収していくのはなかなか大変ですよね。

 

そこで今回は、『単語や言い回しを楽にものにするコツ』をご紹介します。

とてもシンプルで簡単なので、ぜひお試しください!

 

単語や言い回しを楽にものにするコツ2つ

私がおススメするコツは、次の2つです。

 

1.声に出して言ってみる
2.自分についての文を作ってみる

 

これだけです。

それでは、順番に説明していきます。

 

1.声に出して言ってみる

覚えたい単語、英語表現を、3回発音してみてください。

これだけで、グッと吸収が早まります。

 

『なにを当たり前のことを…』と思われたかもしれません。

ですが、私の生徒さんも含めて、意外と『声に出して言ってみること』をしていない方が多いです。

 

新しい英単語、熟語、言い回しを目にした際は、『へぇ、こんな風に言うのか』で終わらず、ぜひそれを発音してみてください。

たった3回でも十分効果はあります。

視覚だけでなく聴覚を使うことで、そして口の筋肉を動かすことで、吸収力が断然アップしますよ。

 

2.自分についての文を作ってみる

覚えたい単語、英語表現を使って自分に関連した英文を作ると、より興味が高まり覚えやすくなります。

新しい単語や英語表現を実際に使ってみるのは楽しいですし、自分についてことなので興味を持って取り組めます。

 

例えば、【I’ m looking forward to ~ / ~が楽しみです】を覚えたいとき、私なら次の英文を作ります。

 

I’m looking forward to my birthday party.

(私は自分の誕生日会が楽しみです。)

 

I’m really looking forward to seeing my students.

(私は生徒さんに会うのがとっても楽しみです。)

 

余裕があれば、作ったものを3回ほど音読してみてください。

更に覚えやすくなります。

作った文を実際の会話で使う機会があればなお良いですね。

 

いかがでしたでしょうか?

いずれも時間がほとんどかからないシンプルなコツですが、とても効果的です。

教室のレッスンでも、生徒さんに英語表現を教える際はよく用いていますし、私も日々の学習で実際におこなっている、とっておきの方法です。

これから新しい単語、英語表現に出会った際、ぜひお試しください!

f:id:tsuruoka-eigo:20190504194938j:plain