4技能英語教育研究家 | 鶴岡俊樹オフィシャルブログ

英語教師が、英語教育のこと、日々のレッスンのこと、趣味のジャズピアノのことについて書いていきます。

お金をかけずに一人でできる『セルフ英会話練習法』

一人で英会話の練習ができて、確実に成果を実感できるお勧めの方法をご紹介します。

皆さま、こんにちは。ユリシーズ英語教育研究所、英会話講師のShihoです。

 

皆さんは毎日、英語を話す環境に身を置くことができていますか?

 

『ふだん英語をしゃべる機会なんてほとんどない…』

『英会話スクールにもっと行きたいけど、金銭的に難しいし…』

『外国人の友人を作るのは簡単じゃない…』

 

生徒さんからこのようなお悩みをよく聞きます。

多くの方が英語を話す環境作りに悩んでいます。

 

英語を話せるようになるには、アウトプット、つまり英語を実際に話す経験を積むことが必須です。

また、せっかく話せるようになっても、しばらく話していないと英語が口から出なくなってしまいます。

でも、文法や単語、リーディングの勉強と違って、相手がいなければ一人で話す練習はできませんよね。

 

そこで今回は、自宅や外出先などどこでも一人で英会話の練習ができる、面白い方法をご紹介します。

名付けて、『セルフ英会話練習法』。

私も実際におこなっていて、確実に成果を実感できるお勧めの方法です!

 

ステップ1:ふと気になった言葉を英語でつぶやいてみましょう!

ふだん生活していて、ふと気になる言葉ってあると思います。

それらを意識的に英語で口に出すことで、英語で言えることを増やすことができます。

 

例えばこんな感じです。

 

・ふと頭に浮かんだ言葉。

例:『田中さん、元気かしら?』

 

・誰かと話している時に気になった言葉。

例:『このカレー、何が入っているんだろうね。』

 

・電車内の広告で目に付いた言葉。

例:『毎月5日発売』

 

こんなようなものを英語で口に出してみます。

 

ここで大切なことはスピードです。

正確さや文法を気にしすぎず、あまり時間をかけずに言ってみてください

最初に思い浮かんだ文はすぐに口に出し、その後、どう改善できるかをゆっくりと考えます。

 

『田中さん、元気かしら?』であれば、まずすぐに変換できた文、例えば『Mr. Tanaka is fine?』を口に出します。

それから辞書を引くなどして、より言いたいことに近い表現、より正確でナチュラルな言い方、その他の可能性を調べます。

 

例:How’s Mr. Tanaka?

 

『今日も何か少しでも英語を話すぞ』という意識を持つだけで、上達の速さは目に見えて変わっていきます。

1日1センテンスから、無理なく始めてみてください。

 

ステップ2:テーマと時間を設定して、一人で話し続けましょう!

1センテンスを英語にすることに慣れてきたら、もっと長く話せるようになりましょう。

例えば外国人に、Tell me about your family.(あなたの家族について教えて)と聞かれて、一言二言しか答えることができなかったら残念ですよね。

一定時間途切れずに話して、自分の家族のことを十分に伝えることができたら楽しいでしょう。

 

その練習も、もちろん一人でできるんです!

 

まず、自分が話したいと思うテーマをひとつ決めてください。

例:友達・家族・仕事・海外旅行など

そして、スマートフォン等で時間を設定し、その間できる限り止まらずに英語を話し続けます。

最初は30秒あたりから始め、最終的には様々なテーマで3分間話せるところまで伸ばすことができれば目標達成です

 

ステップ1と同様、文法や正確に話すこととらわれすぎず、制限時間の間は途切れずに話し続けることに集中してください。

そしてその後に辞書を使って改善点や出てこなかった単語、表現を探してみてください。

話し続けることに夢中でどのように話したかを覚えていないこともよくあるので、私の場合はスマートフォンの録音機能を使い、復習に役立てています。

 

時間をだんだんと伸ばしていくことで、『成長している!』『英語を話せている!』という実感が持てるとても楽しいトレーニングです。

 

ステップ3:他人の会話を英語でつぶやいてみましょう!

ステップ1、2と進んできた方は、既にだいぶ英会話に慣れている状態です。

私の生徒さんたちも3分間一人で話し続けられる頃には、相手がいる実際の会話でも流ちょうな英語を話せるようになっています。

そのような方がさらに幅広い日常英会話のテーマに対応できるようになるためにお勧めなのが、『他人の会話を英語で口に出してみる』、という練習方法です。

 

ステップ1、2では、自分の話したいことをテーマに設定しました。

それを自分以外の人たちの会話を材料に利用することで、今まで自分の中になかったテーマについて話せるようになります

 

家族や友人の会話、電車の中やテレビから聞こえてくる会話、それらを英語で口に出してみましょう。

周囲が気になる場合は小声でつぶやくか頭の中で言ってもOKです。

会話をすべて英語に直そうとせず、できるところだけやってみてください。

 

私も日々行っているトレーニングで、ふだん自分では考えもしないようなテーマやセリフを英語で話すのはとても新鮮で楽しいものです。

 

ぜひ、試してみてください。

私の生徒さんに、レッスン後の帰り道、ステップ1を自主的に実践された方がいました。

その方は驚くほど流ちょうな英語を話すようになりました。

この練習は言いたいことを『日本語→英語』に置き換える時間を短くするトレーニングでもあるため、やればやるだけ言いたい英語を素早くスムーズに口から出せるようになります。

 

皆さん、一人でも英会話の練習はできます!

セルフ英会話練習法は、一人で、自分のペースで、お金をかけず、いつでもどこでもできる練習方法です。

ぜひ、試してみてください。

f:id:tsuruoka-eigo:20190508152324j:plain