4技能英語教育研究家 | 鶴岡俊樹オフィシャルブログ

英語教師が、英語教育のこと、日々のレッスンのこと、趣味のジャズピアノのことについて書いていきます。

⑥留学によって得られるもの – 私の留学体験記

f:id:tsuruoka-eigo:20180919224845j:plain

キャンパスの美しい、ボンド大学

留学によって得られるもの

一般的なことではありますが、あらためて整理すると・・・

1.英語力
留学によって英語力はつきます。しかし、どの程度の英語力が身につくかは人によって大きな差が出てきます。前述の事前の準備や留学先での過ごし方も大切ですが、結局はどれだけ英語ができるようになりたいのか、そしてどれだけ努力するのかで決まると思います。

2.専門分野の知識
専門学校以上のレベルの留学ではその分野の専門知識と技術が身につきます。近年ますます多くの企業が語学力のある人材を求めていますが、英語力に加えて特定分野の専門知識とスキルを持ち合わせていれば、就職にはより有利と言えます。

3.人間的な成長、視野の拡大
留学によってさまざまな面で人間的に成長することができます。私も自分の視野が拡大することを実感しました。たとえば、世界各国からの人々との国際交流を通じて、自分が日本人であることをより意識するようになり、世界の視点から日本を見るようになりました。近年自信を失いかけている日本人ですが、世界第二位の経済大国である日本が(注:留学当時)、どれだけ世界で存在感を放ち尊敬されているかを知りました。

また同時に、アジア諸国からの友人との交流を通じて、日本もアジアの一員だということを理解しました。近隣諸国とは過去の歴史に起因するさまざまな軋轢があることも事実ですが、これからは日本がほかのアジア諸国と協力し、良好な関係を築いていくことが大切なのだと考えるようになりました。

英語を学ぶ真の目的
蛇足ですが、私は留学の実体験から、国際交流と国際理解こそが英語を学ぶ真の目的であると考えるようになりました。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、これこそが原点だと思います。ビジネス、外交、民間交流などあらゆる機会を通じて世界の人々がお互いを理解するために、もっと平たくいえば、(英語圏だけでなく)世界中の人々と友達になるために私たちは英語を勉強するのだと思います。

そして、国際交流と国際理解は行き着くところ国際平和へとつながっていくのではないでしょうか。ある国に友達がいればその国と争いごとをしようなどとは考えられなくなるでしょう。英語教育はそういう意味で国際平和にも貢献できるやりがいのある仕事だと思っています。

f:id:tsuruoka-eigo:20180919225701j:plain

国際交流と国際理解こそが、英語を学ぶ目的

最後に・・・
「私の留学体験」、お役に立てる内容だったでしょうか?近年、海外留学はより一般的になり、以前より気軽に行かれるようになりましたが、行けばそれなりの苦労があり、いろいろな困難に遭遇するものです。それでも留学後にはその苦労に見合う大きな収穫が得られ、財産として一生自分に残ります。ぜひ、チャレンジしていただきたいです。

最後に、海外留学成功のキーワードを二つだけ挙げると・・・

1.慣れる
人間には新しい環境に慣れる能力が備わっています。困難があってもすぐ答えを出さず、しばらく様子を見てみること。真面目に考えすぎずじっとやり過ごしていれば、いつの間にか乗り越えられてしまうことも多いものです。

2.楽しむ
「楽しくなければ留学する意味がない」と私は思っています。一生に一度できるかできないかの海外留学です。カルチャーショックやホームシック、生活上のトラブルや勉強のハードさなど、すべてひっくるめて留学生活を楽しんでいただきたいと思います。

それでは、皆さんの留学の成功をお祈りいたします。

f:id:tsuruoka-eigo:20180919225209j:plain

素晴らしい留学体験を!

①出発〜カルチャーショック
②新しい環境に慣れる〜カルチャーショックの解消
③課外生活〜友達と一緒に住む
④大学院進学〜帰国
⑤留学で英語力を最大限身につけるためのポイント 
⑥留学によって得られるもの